上越市のメモブログ|北陸新幹線「上越妙高駅」からの観光客を増やしたい謙信公のまち

新潟県上越市には桜と蓮の高田公園、上杉家の春日山城跡、海水浴の直江津海岸があるんですけど

「Entry is not found お探しの記事は見つかりませんでした」が表示されたらヘッダーをクリックしてください。
カテゴリーをクリックすると記事タイトルの一覧が表示されます。タイトルか画像をクリックしてください。

柏崎|陣屋跡が柏崎県の県庁に

柏崎(かしわざき)

柏崎市のこと。上越市の東となり。中越地方。元は港町であった海岸側の呼称らしい。

 f:id:shogifan:20160108082307j:plain

上杉謙信公の大きな財源に、衣服の原料である青苧(あおそ)があった。柏崎の港から青苧が出荷されることがあったという。

地名の由来は、柏の樹林が群生した岬の意味だとか。

f:id:shogifan:20160108082325j:plain

江戸時代に桑名藩松平家の飛び地領となり、柏崎陣屋が置かれた。明治になると柏崎県となり、陣屋跡に柏崎県庁が置かれた。高田県などを編入して一時は広域の県となったが、結局は新潟県に編入された。

柏崎県がもしそのまま新潟県と別に存在していたら、現在の上越市もまったく違ったものになったであろう。上越地方がこれほど衰退しなかったと考えられるし、高田市と直江津市の合併も無かったかもしれない。

 

現在の柏崎といえば、柏崎港、米山(よねやま)、柏崎刈羽原発鯨波海水浴場、花火・・・。

原発は世界最大級。となりの上越市民として、何も無いことを祈る。