読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上越市のメモブログ|北陸新幹線「上越妙高駅」からの観光客を増やしたい謙信公のまち

新潟県上越市には桜と蓮の高田公園、上杉家の春日山城跡、海水浴の直江津海岸があるんですけど

「Entry is not found お探しの記事は見つかりませんでした」が表示されたらヘッダーをクリックしてください。
カテゴリーをクリックすると記事タイトルの一覧が表示されます。タイトルか画像をクリックしてください。

高田城主・榊原家の家紋|新潟県上越市

高田城主・榊原家の家紋 「榊原源氏車」

f:id:shogifan:20160102151456j:plain

榊原家の初代、榊原康政は、家康の「徳川四天王」に挙げられる大武将。その名は家康から一字もらったという。

その後、榊原家は、かの名城・姫路城の城主になる。途中、越後村上に移されるが姫路に戻された。

ところが八代目の榊原政岑(まさみね)の遊女遊びや贅沢な宴会が、将軍吉宗の怒りに触れた。そのため隠居させられ、高田藩に転封(国替え)されたのだという。改易にならなかったのは、初代康政の功績のおかげだったらしい。

高田藩は開府以来、城主の改易、転封などが続いたが、江戸時代中期からは榊原(さかきばら)家に落ち着いた。明治の廃藩まで高田15万石の城主をつとめた。